「楽にしてあげることがよい治療」

 子どもの治療は苦痛の多いものであってはいけません。

たいていは、楽にしてあげることがよい治療といってもよいほどで、親御さんの気持ちによくかなうものです。

子どもがあまりに苦しむときは、どこかいけないところがあるもので、治療のためには仕方ないさ、とかたづけるぺきではありません。

治療のためと称して子どもに大きな負担、苦痛を与える医者は危険です。疑問を持ってよいでしょう。