'98年OIF コンフェレンス報告


 この報告は、通訳ボランティアとして(OIについては余り詳しくは有りませんが…)同行頂いた岩崎尚野さんの文章を基に作成しました。

98年OIF コンフェレンス報告

 1998年7月23日より25日までアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチにて第10回OIFナショナルコンフェレンスが開催され、ネットワークOIからは会長以下6名が参加しました。

この会合の参加者は医師、医療関係者、OI患者とその家族および支援者で総人数は400名を超え、参加国はアメリカを始めカナダ、イギリス、デンマーク、ドイツ、エクアドルそして初めて私たちが日本から参加しました。

3日間にわたり38の分科会(医療分野から日常生活、教育・就職問題、介助犬そして児童虐待嫌疑の対応にいたるまで多岐にわたって)設定されていて、そのいくつかが同時に別の会場で行われたため、事前資料によって各自が興味のあるものに参加し、その他については他の分科会参加者との情報交換により様子を聞くことになりました。


見たい項目をクリックして下さい。

記念講演

Bisphosphonate Research

(新薬の情報)

最後に