骨折の発見

骨折を扱うのはとても難しいです。あなたの赤ちゃんに起こる骨折の痛みを繰り返し受けているのを見るほど親の心痛はありません。お子さんを落ち着いてなだめてあげることに全力を尽くしてください。

どうやったらOIの子供が骨折しているか分かるでしょうか? 殆どその瞬間に突然大きな声で泣き出します。時には骨が折れる音が聞こえます。骨折ではないかと疑ったときはお子さんをまずなだめてあげてください。赤ちゃんが泣き止んだときに、ゆっくりと注意深く、やさしく触って各腕、足を持ち上げてみてください。少しでも骨折したところを動かしたり持ち上げたりしたら、赤ちゃんは縮み上がったり、泣き始めます。これが骨折がどこで起きたのか理解するのに役立つでしょう。骨折したところを固定するとき、赤ちゃんを動かすのに細心の注意を払ってください。

骨折には非常に痛みを伴ったものから、我慢できるものまで違ったタイプがあります。腕が骨折したとき、多くの子供はその腕を自分の身体につけ、自分の身体を副木代わりのようにします。また、骨折したところが腫れたり、痣になったり、その部分が熱をもったりすることに気がつくでしょう。