移動用具

移動量の増加は子供の自立心と自信を達成させるのに一番よい方法の一つです。子供たちの移動達成のための道具は市場にたくさんあります。

道具の選び方はお子さんの障害の度合い、筋力、粗大運動の技術、医師、PTおよびOTがすすめるものなどによります。

スクーター : プラスティックまたはスポンジをつけた木のボードに4つのキャスターがついたもの。子供はその上に腹ばいになり手とひざを使って床を蹴りながら動きます。

乗り物 : 市場にはたくさんの手頃な価格の乗り物玩具があります。フィッシャー・プライス社製の小さな三輪車にシートベルト、足がペダルに着くように木片そして上肢を安定させるために背もたれ等を取り付ければよいのです。簡単にひっくり返らないような安定感のある三輪車を選んでください。

車椅子 : 品質の良い車椅子がたくさんあります。病院の装具業者やPTによく相談してください。必ずお子さんに合ったシートの巾が十分あり、重量の軽いものを考えてください。電動車椅子も多くあります。

電動車椅子はもちろん値段も高く、重量もあります。普通の車椅子では腕の筋力等を発達させることができますが、それにもまして電動車椅子によって世界が大きく開かれることもあります。