池川志郎先生が、日本人類遺伝学会第57回大会で日本人類遺伝学会賞を受賞されました

 日本人類遺伝学会に出席された先生のお話によると「この大会で、池川先生(独立行政法人 理化学研究所 ゲノム医科学研究センター 骨関節疾患研究チーム チームリーダー)が日本人類遺伝学会賞を受賞されました。受賞講演の最後にネットワークOIの活動の様子やご子息の活躍も紹介されていました(ご自分のコンピューターの師匠と言われていました)」とのことでした。

早速お祝いのメールを送りました「日本人類遺伝学会賞の受賞、おめでとうございます。ネットワークOIや息子のことも紹介戴き、サイコーです」。(^O^)/

 すると「今回の受賞、ネットワークOIの活動の成果でもあります」との返信を戴きました。違うのに…池川先生の永年にわたるご努力・ご尽力の成果なのに…でも池川先生が受賞されることは、自分の事以上にとても嬉しいです。おめでとうございます。

関連ページ http://accessbrain.co.jp/jshg57/program.html